top of page

40代からのプロトン水。便秘や関節痛改善も!中高年女性の悩みをお水で解決

普段何気なく使っている水道水。

飲み水としてはもちろん、野菜を洗ったりお米を研いだりと、ほぼすべての人が毎日何かしらの用途として水道水を使っているかと思います。

ただ昨今は健康に気遣う人も増えてきて、「私の地域は水道水が中性よりだから、ウォーターサーバーを使って弱アルカリ性のお水を使っている」なんて人も珍しくありません。

特に40代の中高年に差し掛かると、20代、30代のころには感じなかった身体のちょっとした異変・不調から、以前よりも健康に気を遣いはじめることかと思います。

慢性的に続く便秘や関節痛、身体のだるさなど、年齢からくる身体の変調に対してきちんと向き合ったことはありますか。

「もう年ね」ともし諦めている方がいましたら、ここで紹介するプロトン水が、より健やかな生活を実現してくれる助力になってくれるかもしれません。


そもそもプロトン水とは?


お水を持つ女性

プロトン水とは「還元水」と呼ばれる水素イオンと電子から成る電解水を指します。


もう少し簡単に言うと、水道水に含まれる水素を電気分解することによりさらに小さく(エネルギー体)し、電子とともに水内に封じ込め、人体に対して機能的な作用を及ぼすことができるのがプロトン水となります。


プロトン水は現在では高級料亭、ホテル、福祉施設、スポーツクラブ、飲食店などでよく利用され、健康に真剣に向き合っている業界では名の知れたお水でもあります。


厚生労働省も認可した整腸作用


お腹をさする女性

このプロトン水は、厚生労働省によって「整腸作用・胃腸に対し優れた良質な効果を確認する」と正式に認可されたお水となります。

お水の販売や衛生に関しては、日本の厚生労働省の食品衛生法が厳格に管理していて、その厳しさは世界でもトップクラス。

水道水をそのまま飲むことができ、粗悪な食品が出回らないのは厚生労働省が厳しく管理している為となります。

ちなみにプロトン水の生成器は医療機器として厚生労働省から認可(効果効能を謳える)を受けております。


なぜプロトン水が必要なのか


ペットボトルのお水を飲む

なぜ水道水では駄目なのか。

なぜミネラルウォーターでは不十分なのか。

素朴な疑問が湧いてきますね。

もちろん水道水が一概におすすめしない、というわけではありません。

厳格な基準をもとに殺菌処理された水道水は、飲用しても人体に問題のないように管理されていますし、それが可能となる国は世界でも15ヶ国程度と言われています。

しかし、40代の中高年世代の仲間入りを果たすと、どうしても若かった頃と比べて、身体機能の衰えを実感することになります。

普段の食生活を見直したり、適度な運動を実践したりする人もいますが、なかなか習慣として身に着けることは難しいのではないでしょうか。

その一方で、お水は人が生まれた時から身近に存在するもので、『お水を飲む』、『お水を使う』という行為は無意識的に備わっている本能的なものです。

プロトン水を体内に摂取する事は、水道水を飲むそれと変わりはありませんので、生成器を蛇口傍に設置するだけでその日から体内に健康的・機能的なプロトン水を摂取することができます。


人の老化(酸化)を遅らせる化学的根拠


医者の画像

プトロン水を飲むことによって得られる大きな効果は2つあります。

「人体の『酸化』を防ぐ」事と、「胃腸症状の改善」です。

特に目を見張る酸化の予防に関しては、上述した企業・業界以外の一般家庭でも支持され始めている大きな要因ともなっています。

人の体内は弱アルカリ性を維持するように作られている事は、健康志向の方はご存知かと思います。

人はストレスや疲労をため込むと、体内が酸性に傾く事が分かっていて、また普段何気なく摂取している食事も、その多くが酸性に傾いてしまう食材を使っています。

また、体内に取り込んだ栄養素を身体にエネルギーとして還元するためにも酸化が必要となるため、人の身体は常に酸性とアルカリ性のせめぎ合いが行われている状況にあります。

体内で酸化が進む事は、それだけ細胞が衰える事を意味するため、人の老化、やがては死へと繋がる事となります。


プロトン水で老化を遅らせる事ができる理由


中高年夫婦の画像

酸性に偏りはじめた体内は、防衛機能が働き弱アルカリ性へと体内のエネルギーを消費し修正を試みますが、加齢とともにその力も衰えはじめ、それが身体に不調をきたします。

老化のプロセスとなりますが、プロトン水は酸性を弱アルカリ性へと導く還元力が非常に高く、母乳や羊水といった女性の体内で自然に作られるお水よりも3倍以上の還元力があると分かっています。

40代以降は細胞の酸化・老化が急速に進むため、弱アルカリ性の水を摂取するよりも、体内における酸性からアルカリ性への還元作用が高いプロトン水が重要視されるのです。


10年以上付き合っていた慢性的な便秘を解消


便秘に悩む女性

女性によっては20代、30代から慢性的な便秘に悩まされている人も珍しくありません。

中には「10年以上便秘と付き合ってきた」という人も。

プロトン水はもともと胃腸の症状を改善させる作用が厚生労働省より認められており、プロトン水を摂取すると腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、栄養吸収や老廃物の除去等様々な還元作用が期待できます。

悪玉菌は先に説明した老化を促進させる活性酸素を作り出す元凶でもあり、また腸内環境が悪いと当然のことながら便秘に繋がります。

40代以降で便秘を含む胃腸の病気が多くなるのは、この悪玉菌が善玉菌よりも多くなってしまう為です。

プロトン水を活用して、若い頃と同様に善玉菌を優位にする事ができれば、便秘だけではなくその他の胃腸症状の改善も期待されます。


血行不良からくる長年の関節痛もプロトン水で効果大


40代以降は今までの不規則な生活習慣のツケが回ってくるかのように、身体のいたる部位に支障が見られます。

その中の1つが「関節痛」。

肩こりや腕痛、指痛、さらには二の腕やふくらはぎのむくみなども発症しやすくなります。

原因はいくつか考えられますが、40代以降の女性に多いのが「血行不良」によるもの。

特に冷え性の方は要注意です。

活性酸素が体内を巡ると、血管がダメージを受けて収縮してしまい、血行が悪くなってしまいます。

そのため、冷え性はもちろん、血液が回らなくなる事によって指先が痛んだり、痺れや変色したりする事もあります。

プロトン水で活性酸素を除去(解毒)する事ができれば、血行の鈍化による関節痛も驚くほど改善されるケースが多々見受けられます。


毎日使う水をプロトン水に変えるだけで、40代からの生活が劇的に変わる


人間の体は60%以上がお水で構成されています。

そのため、日ごろ摂取するお水を機能的なものに変えるだけで、長年悩んでいた身体の不調が改善されるのも納得できます。

40代以降は特に体内に蓄積したダメージが表に出やすく、一部は生活にも支障をきたす事もあります。

飲料や料理に普段から使っているお水をプロトン水に変える事によって、体内の酸化による負荷を和らげ、より健やかな生活を送る事ができるでしょう。


医療機器(医療機器 認証番号 219AGBZX00006A09/改正薬事法対応

上質なお水で、健康的な毎日をサポート『e-ris プロトン水生成器』詳細はこちら



酸化しないカラダは、いいお水から『e-ris WATER ペットボトル500ml』詳細はこちら

Комментарии


bottom of page